うつ専門の整体法とその手順

薬を使わない 26年間・11万人の実績

自律神経の乱れを整え、働きを高めることが必要

うつの方には、「呼吸改善法」「内臓調整法」「頭蓋骨矯正法」などの施術を行います。

それは、下記の3つの原因があるからです。

  • 呼吸の乱れ
  • 内臓のゆがみ
  • 頭蓋骨のゆがみ


この3つがあることで、自律神経が乱れたり働きが低下したりして、うつの原因になります。
そのため、「呼吸改善法」「内臓調整法」「頭蓋骨矯正法」が必要になるのです。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがありますが、「乱れている」というのは、どちらかが過剰に働いていて、もう一方は過剰に働いていない状態を指します。

そして、「働きが低下している」というのは、交感神経と副交感神経の働きが共に低下していることを指します。

例えば、交感神経の働きが悪ければ、朝起きられなかったり元気が出なくなったりします。
逆に副交感神経の働きが悪ければ、食欲が低下したり、やる気が出なくなったり不眠になったりします。
この状態が続くことで、うつになるのです。

そのため、自律神経の働きを正常にさせ症状を改善させるには、「呼吸改善法」「内臓調整法」」「頭蓋骨矯正法」が必要になるのです。

当院で行っているうつ専門整体は、総院長の鈴木直人がうつを患ったときに独自開発しました。そこに26年間・11万人の実績や、解剖学・生理学・心理学の知識や技術により改良を加えています。業界では体から心を元気にさせていく、パイオニア的存在です。

呼吸改善法とは

うつの方は、気付かずに呼吸がとても浅くなっています。
呼吸で取り入れる酸素は、自律神経のエネルギーのもととなりますので、呼吸が浅くなると使えるエネルギーも少なくなります。すると自律神経の働きが低下して、つらい症状が出るようになります。

この呼吸改善法の施術を受けると、呼吸が深くなり術後に体が楽になるのを実感できます。

内臓調整とは

うつの方は内臓がゆがみ、硬くなっているため、内臓が動きにくくなっております。内臓が動きにくくなると副交感神経に負担がかかり、これが続くことで副交感神経が疲労し、働きにくくなります。

この内臓調整は、働きにくくなった副交感神経が活発に働けるようになる施術法です。 副交感神経は病気やケガを治す働きのある神経ですので、内臓を調整することにより、症状や病気の改善が早くなります。

頭蓋骨矯正とは

頭蓋骨矯正では、頭蓋骨のゆがみを元に戻します。頭蓋骨は23個の骨が立体パズルのように組み合わさってできており、小さな動きがあります。この動きが脳にポンプ作用を与えて疲労物質を脳から排除しているのです。

頭蓋骨がゆがむと、この作用が行われないため脳が疲労しやすく、ストレスを感じやすくなるため、うつの方はイライラしやすかったり落ち込みやすくなったりします。

これらを改善させるために頭蓋骨矯正を行う必要があります。
矯正と言ってもバキバキッという派手な矯正ではなく、ソフトな力で行います。押す力は大体100グラム~300グラム程度ですので、普通の整体よりもかなり軽い力になります。

頭蓋骨の骨が組み合わさっているところを縫合と呼び、人間の頭蓋骨には、約60個あります。その縫合部分がゆがみを起こすため、矯正を行います。

整体手順

1.問診

整体を行うには、患者さんの情報が必要となります。そのため、まずは問診を行います。

どのような症状なのか、いつからなのか、どんなことに困っているのか、どんなことにストレスを感じているのかなど、言える範囲で結構ですのであなたの情報をください。
それにより、体にどのような問題があるのかが分かってきます。

2.検査

問診でお聞かせいただいた情報をもとに体の検査をしていきます。
自律神経の働き具合や脳の状態を検査します。また、頭蓋骨のゆがみ・内臓のゆがみ・呼吸を妨げている問題などを探していき、どのように整体を行うのか計画を立てていきます。

3.整体施術

問診と検査で問題をあぶりだしたら、その部分や体全体を調整して症状を改善させていきます。頭蓋骨の矯正や内臓のゆがみ、呼吸改善法も行います。

4.ご説明とアドバイス

あなたの体の状態や、どんな施術をして、これからどうなるのかをご説明していきます。
日常生活や仕事中に気を付けることなど、アドバイスも行いながら施術計画などをお伝えしていきます。ご質問があればお気軽になさってください。

改善された患者さんの声

うつから、社会復帰できました

「これ以上、頑張らないで」
このままでは重篤な病になるところでした。
うつになることで「休むこと」を教えてくれたのです

8年前から不定愁訴があり、何とか頑張れる状態でした。
歳だし更年期だから仕方がないと頑張り続け、3年前に心臓がバクバク苦しく、眠れない日が続き、病院に行っても少しも良くなりません。
ドクターショッピングの始まりです。

不眠は1年以上続き、不安神経症(私の場合は、引きこもりではなく、家に一人でいられない状態)になり、仕事はもちろん、家事も出来ない、一人でいることが怖くて、外出するときはガス、鍵のしめ忘れ等の不安がつきまとう毎日でした。

「もう、治らないのでは?」「こんな自分が嫌だ」「眠れない」「疲れた」「このまま死んだほうがまし」と毎日泣いていました。

そんな時、当院を知り、先生と出会えたのです。先生には、心理面のアドバイスも適切にしていただきました。続きはこちら

よくあるご質問

うつは、どのくらいで治りますか?

ただの体の損傷という訳ではなく、神経の調節がうまく出来なくなっているので、いつ回復するのかは人によって異なります。ただ、5・6回ぐらい施術をすれば良くなっているという実感を持たれる方が多いです。


*

〒212-0014
神奈川県川崎市幸区大宮町15-4 松下ビル5階

ご予約・お問合わせ: 044-540-3211